修理に出したい!スマホ修理業者の選び方とは?


スマホの修理の正規店と非正規店とは?

スマホが壊れてしまった場合、修理に出す先は2つあります。1つ目は正規店、2つ目は非正規店です。正規店は正式に認可されている修理店になり、それ以外の場合には非正規店となります。正規店と非正規店の違いは、修理方法・価格・対応などです。正規店は純正の部品を用いて修理を行いますが、非正規店の場合には純正以外の部品を用いることが多くなります。純正以外の部品とは、コピー品や他の中古のスマホから取り出して再利用する部品のことです。

正規店は純正の部品を使用し、場合によっては丸ごと機種交換を行う方法をとります。そのため非正規店よりも高額になるケースが多いです。これに対し非正規店は純正品よりも安価な部品を使用し、故障箇所のみの修理になるため、リーズナブルな価格で修理を行うことができます。正規店は修理の依頼が多く、混雑するため予約が取りにくいのが特徴です。修理までに時間がかかることもよくあるため、急ぎの時などにはやや不便な面があります。非正規店は店頭で即日受付の場合が多く、スピーディーな対応が魅力です。予約が不要な業者がほとんどなため、急な修理に対する対応力は高くなります。

正規店と非正規店を使いわけよう!

スマホの修理を依頼する場合には正規店と非正規店がありますが、前項でお伝えしたように、それぞれメリット・デメリットが違います。スマホの修理で何を最優先させるかによって、正規店と非正規店を使い分けるのがおすすめです。例えば、仕事で使用するスマホなので、信頼できる業者でしっかりと修理をしたい場合には正規店がベストになります。純正品の部品を使用する正規店であれば、修理後に不具合を起こすことも少ないです。とにかく早く修理してほしい時には、予約が不要な非正規店に相談してみましょう。早ければ即日修理ができることもあるので、少しでも早く修理したい場合には非正規店の利用を検討しましょう。

修理費を安くしたい時には、保証内での修理が可能かどうかがポイントです。保証サービスなどに加入している場合には、正規店で無料で修理対応が受けられることがありますので確認しましょう。保証サービスに加入していない場合には、非正規店のほうが格安で修理できることもあります。時間に余裕があれば正規店と非正規店の両方で修理費を確認して、安い方に依頼するという方法も可能です。ただし非正規店で修理をした場合には、その後メーカーの保証を受けられなくなりますので十分に注意してください。

スマホ修理の梅田のお店を利用すれば、端末のメンテナンスが受けられます。自力で解決出来ない深刻なトラブルに見舞われた時は、部品交換をしてもらう選択肢があります。